からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ユキノシタ(雪の下)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
 
5月から7月に小さな白い花を咲かせる、山野草のひとつです。
北海道を除いて日本全国の沢沿いの岩場など
湿り気の多い半日陰の場所で見ることが出来ます。
観賞用に人気があるだけでなく、
葉を天ぷらやお浸しなどの料理に使ったり、花をお茶にしたりと、
様々に活用されています。
ただ、食べ過ぎるとお腹が緩くなるそうなので要注意です。
 
名前の由来は、雪の下でも枯れずに残っているから、
雪のような花の下に葉が見え隠れする殻など、諸説あります。
 

 
漢方では、「虎耳草」(こじそう)と言います。
これは毛が生えた肉厚の葉が
虎の耳に似ていることから付いた名前と言われています。
葉を煎じた汁を直接耳の中に入れて中耳炎の治療に使ったり、
膿んだ切り傷や火傷、汗疹の治療に利用されたりします。
 
また利尿作用のある硝酸カリウムや塩化カリウムを含むことから、
乾燥した葉を煎じたものはむくみ解消にも良いようです。
 
 
その他、清熱、解毒などの効能があり、
風邪による発熱や湿疹、腫物などに効果があるとされます。
 
  • 学   名:Saxifraga stolonifera
  • 別   名:猪耳草、猫耳朶、耳朶草
  • 生 薬 名:虎耳草(こじそう)
  • 科   名:ユキノシタ科
  • 使 用 部 分:葉
  • 香り・風味:クセが少ない
  • 主 な 成 分:硝酸カリウム、塩化カリウム、コハク酸、
          没食子酸、クエルセチン、サキシフラギン、
          ベルゲニン
  • 主 な 作 用:幼児のひきつけ、腫れ物の改善、
          利尿、むくみ解消