からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

センナ(旃那)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
マメ科センナ属の常緑低木で、高さ1m程になります。
世界最古の医学文書と言われる
『エーベルス・パピルス』(B.C.1550頃)にも
ヒマシやアロエなどの下剤と一緒に紹介されるほど、
古くから使われています。
 
11世紀頃に、アラビアの侍医から
「アロエ」に代わる「下剤」として欧州に持ち込まれると、
以来急速に世界各国に広まりました。
 
「センナ」は蠕動運動が促進させることで、
便秘やそれに伴う食欲不振、腹部膨満などに、
瀉下の目的で利用されます。
但し、作用が強いため、取り過ぎに注意が必要です。
 
  • 学  名:Cassia angustifolia
          または
         Cassia acutifolia
  • 科  名:マメ科
  • 使用部位:茎
  • 作  用:蠕動運動促進
  • 安全性 :2d
         腸閉塞、原因不明の腹痛、また腸炎(虫垂炎、
         大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、
         大腸メラノーゼ)の人に禁忌、
         8日間を超える使用禁止