からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

モモ(桃)

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

f:id:linderabella:20200722104951j:plain

 

 
栽培の歴史の古い植物で、
日本でも縄文後期から栽培されていたと言われています。
 
葉はお茶や入浴剤として利用され、
お茶は気管支炎などに、入浴剤は肌荒れに有効とされています。
 
種子を乾燥させて刻んだものは「桃仁」(とうじん)という生薬になり、
血液の循環を良くする働きから、
生理不順や生理痛、痔、鼻血、打撲、
脳卒中後の後遺症などの治療に処方されます。
 
蕾を乾燥させたものは「白桃花」(はくとうか)という生薬で、
腸を潤す作用から便秘解消に用いられます。
 
  • 学   名:Prunus persica
  • 別   名:ケモモ
  • 生 薬 名:桃仁(とうじん)、白桃花(はくとうか)
  • 科   名:バラ科
  • 使 用 部 分:種子、白花の花蕾、葉
  • 香り・風味:枯草の香り、青臭い味
  • 主 な 成 分
     [種子]アミグダリン、プルナシン、β-シトステロール
         カンペステロール、脂肪酸
     [葉] ケンフェロール配糖体、クマリン
     [花] シュウ酸マグネシウム、カリウム塩、
         タンニン、アミグダリン
  • 主 な 作 用:消炎、鎮痛、利尿、汗疹改善
  • 注   意:未熟果や乾燥していない葉はアミグダリンを
          含むため、使用には注意が必要です
          妊娠中は避ける
 

関連