からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ギョウジャニンニク

日本のハーブ

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 
 
「ギョウジャニンニク」は、
日本には近畿以北から北海道にかけて分布していますが、
東北より南では高山でしか見られないため、
「行者が食べるにんにく」ということから
名付けられたという説が有力です。
 

 
葉にはニンニクに似た香りがあり、
香り成分の「アリシン」はニンニクよりもの豊富に含まれています。
滋養強壮作用があり、生育速度が5~7年と長い、貴重な山菜です。
 
  • 学   名:Allium victorialis
  • 別   名:アイヌネギ、ヤマビル
  • 科   名:ヒガンバナ科
  • 利 用 部 分:茎、葉
  • 香り・風味:強いニンニク臭と味
  • 主 な 成 分:硫化アリル
  • 主 な 作 用:抗菌、滋養強壮、抗炎症
  • 注   意:特になし