からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ニーム

ハーブ事典(Neem)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

インド原産でガンジーが「奇跡の木(ミラクルニーム)」と呼んだ「ニーム」は、
古くから植物全体が生活に役立てられ、驚くほど多様な用途に用いられてきました。
 
 
若くて柔らかい木枝は防腐効果のある歯ブラシとして、
葉の煎剤は胃潰瘍に、
葉から抽出した精油は局所の抗菌剤として使用されています。
木と根の皮のパウダーやペーストは水虫やマラリヤ・黄胆・寄生虫の駆除に、
また果肉は泌尿器系の感染症のそれぞれ用いられます。
 
ニームの種子から抽出した油には「アザディラクチン」という成分が含まれ、
長きに渡り「天然の防虫剤」として用いられています。
種子から抽出したニンニク臭を発するニーム油は抗菌作用や抗ウイルス作用を有し、
歯肉炎や潰瘍、リウマチ、悪性の皮膚炎などに幅広く用いられます。
 
 
「ニーム」には害虫を寄せ付けない効果がありますが、
人や私達が食べる農作物には害がないとされ、
逆に「ニーム」の成分が人の病気などに効くという、正しく「奇跡の木」です。
 
 このように、インドの人々の暮らしに深く根付いた存在の「ニーム」ですが、
その万能さや、比較的厳しい環境でも育ちやすいことから、
今では自生しているものを活用するだけでなく、栽培する動きも広がっています。
 
また、「ニームオイル」は、肌に適度な潤いを与え、保湿効果もあることから、
スキンケアにも用いられており、 石鹸、フェイスクリームやシャンプー、
ローションなど、様々な肌ケアアイテムに使われています。
 
 
「ニーム」の正式名称は
「メリア・アザディラクタ(健康を与えるものという意味)」と言い、
和名は「インドセンダン」と言います。
 
  • 学  名:Azadirachta indica
  • 別  名:インドセンダン(印度栴檀)
  • 科  名:センダン科
  • 原 産 地 :南アフリカ
 
 
<関連事項>
 
 
<おススメの使用法>

1.肌トラブルを和らげる「ニームチンキ」のお風呂

   f:id:linderabella:20210107064842j:plain

「ニーム」は抗菌性に優れていることから、皮膚疾患治療にも役立ってきました。
「ニームバス」での入浴は、全身の肌荒れの対策におススメです。
お湯を張ったバスタブに「ニームチンキ」を50ml程度入れ、
よく混ぜてゆっくり浸かるだけです。
<ニームチンキの作り方>
密閉容器に、ハーブを容器の1/4位まで入れ、
そこに蒸留酒(ホワイトリカー、ウォッカなど)を容器の8分目まで入れてかき混ぜる。
<注>チンキを入れた容器は、冷暗所で保存しましょう。
 

2.ニームハーブティー

  f:id:linderabella:20200625102036j:plain

ニームのハーブティーで体の中から免疫力がUPします。
 

 3.温湿布

  f:id:linderabella:20201018163643j:plain

お湯に植物の成分を抽出した「ハーブティー」に浸して絞った布を、
筋肉の疲れを癒したり、皮膚のトラブルを改善するために、
不調を感じている部分に当てて使います。