からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

マツリカ

ハーブ事典(arabian jasmine)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
甘く上品な香りを放つ、ジャスミン茶の原料です。
ジャスミンは、約300種からなるモクセイ科ソケイ属の総称で、
そのうち「マツリカ」だけが「ジャスミン茶」の着香に使用されます。
沖縄で飲まれる「さんぴん茶」もマツリカの香りを付けたものです。
フィリピンやインドネシアでは国花として親しまれています。
 
漢方では、花を日干ししたものを生薬「茉莉花」と呼び、
自律神経系を整え、気分を落ち着かせてくれる作用があります。
また、イライラやもやもやに寄る食欲不振や胃もたれ、胸のつかえにも
有効と言われています。
 
古代エジプトでは、精油を媚薬として使用し、
クレオパトラもジャスミンの香りを愛用していたそうです。
  • 学  名:Jasminum sambac
  • 和  名:マツリカ(茉莉花)
  • 別  名:サンバックジャスミン、アラビアンジャスミン、
         ピカケ、サンパギータ
  • 科  名:モクセイ科
  • 使用部位:花、根、蕾
  • 用  途:お茶、美容健康、クラフト など
  • 効  能:自律神経調整、消化促進、
         胃もたれ、胸のつかえの改善 など
  • 原 産 地 :インド、東南アジア