からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

タンジー

ハーブ事典(Tansy)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
古来から薬草として活用されてきた、強い香りが特徴のハーブです。
ヨーロッパからアジアにかけての広い範囲を原産とし、
北アメリカにも野生化したものが見られます。
日本では北海道に自生していることから、「蝦夷蓬菊」という和名を持っています。
 
夏になると茎の先にたくさんの黄色い花を咲かせます。
花びらが密に付いてボタンのように見えるため、
「Golden button」という英名が付けられました。
葉っぱは、樟脳のような香りがあり、防虫効果に優れています。
そのため、窓のそばで栽培するとよいですよ。
 
古くはケーキやプディングの香り付けに利用されていましたが、
毒性があることから、
現在では、ポプリの材料にする他、虫除けなどに利用されています。
 
ウールや絹の染料としても活用され、
花の部分を使うと黄色に、茎や葉はくすんだ緑色に染めることが出来ます。
 
  • 学  名:Tanacetum vulgare
  • 和  名:蓬菊(ヨモギギク)、蝦夷蓬菊(エゾヨモギギク)
  • 科名  :キク科
  • 使用部位:葉、花
  • 用  途:クラフトなど
  • 原 産 地 :ヨーロッパ、中央アジア
  • 効  能:芳香、防虫 など
 
 <ドライフラワー>
茎ごと収穫したタンジーを束にして紐で括り、
逆さまに吊るして乾燥させれば、ドライフラワーが完成!
見た目に可愛らしいだけでなく、防虫効果も果たしてくれます。