からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

セリ(芹)

日本の薬草事典

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

「セリ(芹)」は、セリ科セリ属の湿地性多年草で、
日本全国の山野に自生しています。
水分の多い土壌を好み、沢や河川の水際などに繁殖し、生えている場所により
「ミズゼリ(水芹)」、「タゼリ(田芹)」、「オカゼリ(丘芹)」と呼ばれています。
「セリ」という名称は、
1箇所で競り合うように生えている若葉の様子に由来しています。
栽培物はパッと見は「ミツバ」と似ていますが、
「ミツバ」が葉が3枚なのに対し、「セリ」は5枚なので区別しやすいです。
 
 
 
春の七草」の一つで、古く奈良時代には既に食用とされていた記録が
古事記』、『万葉集』に残されています。
平安時代には、宮中行事にも用いられていました。
  1. ごぎょう (母子草)
  2. すずしろ (大根)
  3. すずな  (蕪)
  4. せり
  5. なずな  (ペンペン草)
  6. はこべ
  7. ほとけのざ(小鬼田平子/コオニタビラコ
セリは爽やかな香りと歯触り、そして綺麗な緑が持ち味です。
加熱する場合は火を通し過ぎないように気を付けましょう。
天然のセリはアクが強いので、下茹でした後しばらく水にさらしておく方が良いです。
(栽培物はそれほどアクは強くありません)
 
セリは、お浸しや和え物、天ぷら、汁物など風味を生かした様々な料理がありますが、
肉の臭みを消す効果があるので、鴨鍋や牡丹鍋など肉を使った鍋、きりたんぽ鍋にも
欠かせない食材となっています。仙台のセリ鍋も人気があります。
 
因みに、西洋では食べる習慣はありません。
 
 
 
葉は薄緑色で葉、質は柔らかく独特の匂いがあります。
この独特の芳香には「オイゲノ―ル」などの成分が含まれ、
鎮静効果があるとされています。
また、「ピラジン」と呼ばれる成分が
血液凝固を防ぎ血栓を予防したり、肝機能を強化するのに役立つとされています。
 
 
花は夏に開花します。
花茎先端に傘状花序を伸ばし、極小の白い五弁花をつけます。
用途は、葉茎を葉野菜に使います。
猛毒のドクセリ(毒芹)と似ているので要注意です。
 
 
  • 学  名:Oenanthe javanica
  • 和  名:セリ、シロネグサ
  • 科  名:セリ科
  • 使用部位:葉・茎・根
  • 用  途:料理、健康など
  • 原 産 地 :日本
  • 効  能:貧血予防、抗酸化作用、美肌、食欲増進、解熱など
 
 
セリには、身体に欠かせない「ビタミンC」や
「鉄分」や「カルシウム」などのミネラルが豊富に含まれています。
ビタミンCは免疫力を高めるとともに、
活性酸素の働きを抑え、老化防止やお肌の潤いを保つ効果もあります。
 
セリの茎や葉を乾燥させたものを、生薬で「水芹」(すいきん)と言います。
水芹を煎じて服用することで、食欲増進の他、解熱や神経痛、リューマチ
黄疸(おうだん)などに効果があるとされています。