からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

「ハーブのサシェ(香り袋)」の作り方

コスメ・香水・お香

f:id:linderabella:20200719105344j:plain f:id:linderabella:20201014155629j:plainf:id:linderabella:20200831144347j:plain

 
 
サシェ」とは、仏語で「香料や乾燥させた花、ハーブを入れた小さな袋」のこと。
コットンやリネンの生地で袋を作り、ドライハーブを刻んで中に入れるだけと、
作り方はいたって簡単。バックに忍ばせたり、クローゼットに下げれば、使う度に香りが漂って爽やかな気分に。窓辺や玄関に置くだけでも可愛い香りのインテリアグッズになります。
 
サシェの作り方や大きさに決まりはありませんが、コットンやリネンの布を中表にして袋状に縫い、中にドライハーブを詰め、口をリボンなどで縛るのが一般的。
布は歯切れやハンカチなどを使ってもいいですし、レースで袋を編んでも素敵です。袋の口の部分はピンキングハサミを使うと、布端の始末をする必要がなく、可愛く仕上がります。ハーブは不織布のティーバッグなどに入れてから、サシェに入れて下さい。
 
使用するハーブは目的と好みに応じて選びましょう。
クローゼットや衣類の引き出しにはラベンダーやタンジーがおススメです。
香りをより強くしたい時には、精油を数滴垂らして下さい。
 
玄関には消臭効果のあるゼラニウムユーカリなどのサシェがおススメです。
虫除け効果もあるので、ドアや窓辺に吊るしてもいいでしょう。
中身のハーブは毎年新しいものと交換して下さいね。