からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーバルオイル

ハーブ

f:id:linderabella:20201119144541j:plain

 
オイルは「油」なので、ハーブの「脂溶性」の成分しか抽出することが出来ません。
ですが、少し時間と手間をかけることで、ハーブの「水溶性」「脂溶性
全ての成分を含んだ、万能の「薬用ハーバルオイル」を作ることが出来ます。
アーユルヴェーダでも、似た方法で「薬用オイル」が作られているそうです。
 

ハーバルオイルの利点

  • ハーブ全体の有効成分が含まれる
  • 数えきれない効能
  • 長持ちする
 
 

 


ハーバルオイルの作り方

<材料> 出来上がり約300ml分
  • ハーブ    :約20~40g
  • キャリオイル :約300ml
  • 水      :約500ml
  • ボール
  • キッチンペーパー、または布(濾す時に使う)
  • 保存用容器
  • 温度計
 
<作り方>
 1.不調や好みに合わせたハーブを用意します。
 2.水を入れて煎剤を作るように中火にかけます。
   水溶性の成分が出るように、10~15分くらい火にかけます。
   (短くても問題ありません。)
 3.キャリアオイルを入れます。
 4.水分が全て蒸発するまで弱火で煮込んでいきます。
   水分が沸騰してどんどん蒸発し、水に溶け出た成分がオイルに残るようにする
   ものです。この工程に5時間~8時間ぐらいかかります。
   水分が残っている場合は、全体の温度は100℃以上になりません。
 5.水分が完全になくなったら火を止めます。
   ブクブクといっていた音がパチパチという音に変化してきます。
   この段階では温度が100℃を超えますので、更に上がり過ぎないように注意!
 6.濾したら出来上がり。
   見た目は真っ黒ですが、濾すとオイルはたっぷりと有効成分を含み、
   キレイな色になっていることが分かります。
 7.遮光容器に入れて、冷暗所に保存し、半年くらいで使い切りましょう。
 
 

キャリアオイル選びのポイント

f:id:linderabella:20200718104416j:plain

作り方で見ても分かるように、ハーバルオイルは長時間熱にさらされます。
そのため、オイルは熱に強い、最低でも100℃以上の熱に耐えられるオイルを
使って下さい。
 
熱に強いオイルの一例は下記になります。
 
オリーブオイル、くるみ油、ココナッツオイル、ごま油、
スイートアーモンドオイル、ピーナッツオイルなど
 
 

ハーバルオイルの使い方

マッサージ

一番ベーシックな使い方で、普通のキャリアオイルと同様、
マッサージに利用出来ます。
選ぶハーブによって、血行促進をしたり、デトックス、鎮痛など
様々な目的に合わせて使えます。
パッチテストをして下さい。
 

スキンケア

f:id:linderabella:20201208135202j:plain


スキンケアにもとても向いています。
そのままオイルを使ってもいいですし、
化粧品の原料としても有効成分がたっぷり入っているので重宝します。
パッチテストをして下さい。
 

ヘアケア

ヘアケアにも向きます。
オイルのみの頭皮マッサージやヘアパックも十分効果的ですが、
ハーバルオイルはヘアケアに向くハーブの成分を取り入れられるので、
更なる効果が期待出来ます。
パッチテストをして下さい。
 

薬用に

ハーバルオイルは純粋なオイルなので、
クリームや軟膏、湿布など、薬用の材料としても利用出来ます。
トラブルに合わせたハーブを選んで下さい。
パッチテストをして下さい。