からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ミルクシスル

ハーブ事典(Milk thistle)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「ミルクシスル」は地中海沿岸の原産で、
古代ギリシャ時代から人々の間で利用されてきました。
 
「ミルクシスル」という名は、このハーブが母乳の出を良くするために
用いられていたことに由来しています。
聖母マリアがキリストにお乳を飲ませていた時に、
こぼれたお乳が葉の上を流れて白い模様になったと信じられていました。
 
古代ギリシャ時代から肝臓や胆のうなどの病気の予防や治療に使われ、
「肝臓を守るハーブ」として知られています。
このハーブの種子に含まれる「シリマリン」という成分が
肝細胞を保護・再生し、肝機能を改善してくれます。
 
肝機能が低下すると、慢性疲労や慢性頭痛、肌トラブルや自律神経失調症など、
様々な不調に繋がります。
肝機能が心配な時は、ミルクシスルで肝臓の働きをサポートしましょう。
 
 
 
<関連事項>

f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ミルクシスルティー