からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

マレイン

ハーブ事典(Mullein)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
マーレインはヨーロッパ、アジアの原産で、
古代ギリシャ・ローマ時代から、呼吸器系の不調を改善するために利用されていたと
言われています。
北米の先住民はマレインの葉をタバコのように吸引して喘息や痙れん性の咳の治療に
用いました。
 
「マレイン」という名前は、
ラテン語で「柔らかい」を意味する”mollis”に由来しています。
これはこのハーブの、柔らかな毛に覆われた葉の姿から来ています。
 
また、和名の「ビロードモウズイカ」は、
「ビロード」は地上部全体が毛に覆われていることに、
「モウズイカ」はおしべに長い毛が生えていることに由来しています。
その他にも、「バーバスカム」や「キャンドルウィック」など様々な異名があります。
 
「マレイン」は呼吸器系の不調に働きかけるハーブです。
風邪の症状、喘息、咳、気管支炎、花粉症にいいと言われています。
 
 
  • 学  名:Verbascum thapsus
  • 和  名:ビロードモウズイカ
  • 別  名:バーバスカム、キャンドルウィック、ニワタバコ
  • 科  名:ゴマノハグサ科
  • 使用部分:花、葉
  • 原産地 :ヨーロッパ、アジア、北アフリカ