からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ホップ

ハーブ事典(Hawthorn)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
ビールの苦味、香付けに利用されることでよく知られている「ホップ」。
雌と雄、それぞれの株がありますが、受精すると香りが弱まるため、
雌株だけを栽培して使います。
 
中世の修道士で自然療法士であるヒルデガルトは、
1150年頃に記した有名な書物に『自然学(フィジカ)』の中で
「ホップに関しては、その独特な苦さのお陰で、
 飲料に加えると腐りにくくなり、長時間保存が出来るようになる。」と
記しています。
カルペパーは、血液をキレイにし、毒素を排出したり、腎砂を体外へ出し
排尿を促すハーブとしました。
血液をキレイにすることで、あらゆる皮膚トラブルを治すとしました。
 
 
現在、「ホップ」の鎮静効果は大変評価され、不眠対策に利用されています。
睡眠を誘導する為に乾燥したホップを小さい袋に入れ枕元に置く「ハーブピロ―」は
古くから利用されています。
 
 
  • 学  名:Humulus lupulus
  • 和  名:西洋カラハナソウ
  • 科  名:クワ科
  • 使用部分:花(毬果)
  • 用  途:お茶、クラフト
  • 効  能:鎮静、利尿、安眠、抗菌、更年期障害の緩和 など
  • 原産地 :アジア西部やコーカサス地方