からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ホーソン

ハーブ事典(Hawthorn)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
ホーソン」は、ヨーロッパや北アフリカの原産で、
地中海沿岸や北アメリカなど北半球に多く自生しています。
 
ホーソン」は古くから神聖なハーブと見なされ、宗教上の儀式にも用いられていました。
キリストの茨の冠はホーソンの枝で作られていたという逸話もあり、
古代ローマではホーソンの冠には魔力があると信じられていました。
 
また古代ギリシャでは、
子孫繁栄のシンボルとして、婚礼の際などに用いられていたと言います。
ホーソンは希望と幸せの象徴でした。
 
ホーソンは、心臓を始めとする循環器系に働きかけます。
心臓を取り巻く様々な症状に使用され、
心臓機能の低下や動悸、息切れ、狭心症動脈硬化症、血栓症に用いられます。
また、血圧を調整する働きを持ち、高めの血圧や低めの血圧の
両方に使用することが出来ます。
即効性は期待出来ませんが、穏やかに作用し、安全性が高いハーブです。
 
  • 学  名:Crataegus oxyacantha
  • 和  名:西洋サンザシ、ヒトシベサンザシ
  • 別  名:イングリッシュホーソン
  • 科  名:バラ科
  • 使用部分:葉、花、果実