からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ブラックコホシュ

ハーブ事典(Black cohosh)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
「ブラックコホシュ」は北アメリカ東部の原産で、
アメリカ先住民の薬草として、
ガラガラヘビに噛まれた時の解毒剤などに使用されてきました。
 
「ブラックコホシュ」という名前は、
薬として用いられる「根」の部分が黒いことから名付けられたと言われています。
学名「Cimicifuga」は、ラテン語で「虫」を意味する”cimex”と
「逃げる」を意味する”fugere”に由来しています。
「その悪臭で虫も逃げる」と言われるように、根には独特の強い臭いがあります。
 
 
アメリ先住民族はまた、
お産を軽くするために、月経による心と体の不調緩和に良いことから、
別名「女性の根」と呼んでいました。
 
女性ホルモンと似た働きを持つ「フィトエストロゲン」の働きにより、
更年期障害の症状の緩和にも有効です。
欧米では、更年期のホットフラッシュや動機、自律神経の調整、抑うつなどの改善などに広く利用されています。
 
シミやシワの予防などの美肌作りや、バストアップと言った目的でも活用されています。
 
  • 学  名:Cimicifuga racemosa
  • 和  名:アメリカショウマ
  • 科  名:キンポウゲ科
  • 使用部分:根
  • 原産地 :
 
なお、「ブルーコホシュ」とは作用が異なるので、混同しないように注意しましょう。