からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ギムネマ

ハーブ事典(Gymnema)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

「ギムネマ」は、インドや東南アジアに自生する、
正式名称を「ギムネマ・シルベスタ」(俗名:ギムネマ)という常緑蔓性の植物です。
 
アーユルヴェーダでは2000年以上も前から、ギムネマが糖尿病の治療薬や、
健胃・利尿・強壮作用がある薬草として用いられてきました。
木の葉を噛んで甘味物を食べると、甘味を感じないことから、
ヒンドゥー語で 「砂糖壊し」 という異名を持ちます。
 
19世紀の半ばには、インドに駐在していた英国人将校が、
ギムネマの甘味を消す不思議な作用について本国に報告したことをきっかけに、
ギムネマが研究者たちの注目を集めることとなりました。
その後、英国の化学者であるフーパーが、
ギムネマの葉から甘味を抑える物質の抽出に成功し、
その物質を「ギムネマ酸」と名付けました。
  
 
  • 学  名:Gymnema sylvestre
  • 科  名:キョウチクトウ科(旧分類ではガガイモ科)  
  • 使用部分:葉
  • 原産地 :インド