からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ペパーミント

ハーブ事典 

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

起源は不明ですが、紀元前1000年前後のエジプトのお墓から
ミントの一種が発見されています。
古代ギリシャ時代、古代ローマ時代から、体の洗浄や食事時の殺菌、
宗教儀式に使われ、新約聖書にもミントに関する記述があるほどです。
 
ギリシャ神話はミントについて次のように伝えています。
「冥府の王ハデスが妖精ミンテに心奪われていることを知った女王は、嫉妬に狂い、
 妖精ミンテに呪いをかけて甘い香りの植物にしてしまいました。
 こうしてハーブのミントが生まれたのです。」
 
ペパーミントは1700年後半に英国で大人気となり、大量栽培されるようになりました。
 
ペパーミントは、スペアミントとウォーターミントの交配種です。
交配が盛んに行われてきたため、ミントの種類は210以上もあると言われています。
 
  • 学  名:Mentha piperita
  • 和  名:セイヨウハッカ(西洋薄荷)  
  • 科  名:シソ科
  • 使用部位:葉、茎、花