からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ヒソップ

ハーブ事典 

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

 
ヒソップ」はヨーロッパ南部から西アジアにかけての原産です。
小さな柳のような細長い形でツヤがあり、
ミントに似た清涼感のある香りの葉にはやや苦味があります。
濃い青色の花をつけるものが多く、
他にもピンク、白など異なる色の花を咲かせる種類もあります。
 
紀元前には既に地中海沿岸地域全域で用いられていたと言います。
「聖なるハーブ」という意味のギリシャ語に由来して名付けられたそうです。
古くは、教会の床に敷いて空気を清浄したと言われています。
 
和名の「ヤナギハッカ」(柳薄荷)は、このハーブの葉の形が柳に似ており、
ハッカに近い芳香があることに由来しています。
葉は乾燥させたものよりも生葉の方が香りが強いです。開花前に収穫して使います。
 
  
  • 学  名:Hyssopus officinalis
  • 和  名:ヤナギハッカ
  • 科  名:シソ科
  • 使用部位:葉、花
  • 主要成分:グリコシド、タンニン、苦味質、揮発性油など
  • 作  用:抗炎症、抗菌、収れん、去痰、駆風、発汗
 
 
その香りから不安や心配、神経の緊張、ストレスなどを和らげる効果があります。
また風邪や咳を鎮めたり、すり傷や切り傷などの炎症を抑えたりする効果があります。