からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

キンモクセイ(金木犀)

日本の薬草

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

庭木としてお馴染みの「金木犀キンモクセイ
甘くフルーティーな香りが漂うと秋が来た!感じる方も多いでしょう。
 
別名に、「桂花」(ケイカや「丹桂」(タンカ)、「金桂」(キンカ)などがあります。
葉の付け根にオレンジ色の小さな花を密集して咲かせ、
咲き始めは鮮やかなオレンジ色をしていますが、
金木犀の花の寿命は非常に短く、
徐々に色が薄くなり、開花してから3日程度すると散り始めてしまう、
はかない花でもあります。
 
China南部が原産で日本には江戸時代に伝わってきました。
本来は雌雄異株ですが、日本には雄株しか入ってこなかったため
日本にあるキンモクセイには種子がならないのが特徴です。
 
金木犀の花を乾燥させたものは「桂花」(ケイカと呼ばれ、
お酒やお茶、蜜煮にしたり、料理の飾りも使われています。
 
花茶には、身体を温め、寒さを追い出す力があります。
身体が冷えて血流が悪くなることのよる痛みや 生理痛の緩和、
冷えのなどを改善してくれます。
痰や咳にも効果があるので、 晩秋の養生茶におススメです。
 
また精油に含まれる
「リナロール」や「オイゲノール」「ゲラニオール」といった成分には、
抗炎症、鎮静、リラックスなどの作用があります。
やや香りが薄い「ギンモクセイ」にも同様の効果があるそうです。
 
  • 学  名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus
  • 科  名:モクセイ科
  • 使用部位:花
  • 用  途:お茶、クラフトなど
  • 原 産 地 :China
 
<関連>
f:id:linderabella:20200625101914j:plain
キンモクセイ茶