からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

キク(菊)

日本の薬草

f:id:linderabella:20201029124125j:plain

f:id:linderabella:20200722105000j:plain

 

日本各地には多くの品種の野ギクが自生しており、
鎌倉時代からは天皇家の紋として「菊花紋」が利用され、
50円玉や勲章にも菊の花が描かれ、
日本のパスポートの表紙にも「菊花紋」が使われています。
このように日本人にとって馴染みの深い植物として親しまれてきました。
 
また、重陽節句には、
邪気を祓い長寿を願って菊花茶や菊花酒を飲む風習があります。
枕の中に菊花を入れると、安眠枕として熟睡できるとされています。
 
日本には奈良時代末期にChina大陸から伝来したと言われており、
平安時代から天皇や貴族などの宮廷を中心に「薬用」として用いられるようになり、
その後は、一般の人々に「観賞用」として広く栽培されるようになりました。
江戸時代には観賞用の菊栽培が大流行し、
その中から味と香りの優れたものを選んで、食用として栽培するようになりました。
青森の「阿房宮」や山形の「もてのほか」といった品種の様に、
日常的に菊の花を食べる習慣がある地域もあります。
 
  • 学  名:Chrysanthemum morifolium
  • 科  名:キク科
  • 使用部分:花
  • 原 産 地 :China
  • 用  途:料理、お茶、健康など
 
キクの生花にはビタミンB1、B2、カリウム、食物繊維が多く、
抗炎症作用のある「ルテオリン」も含みます。
 
漢方の「菊花」は、キク科のキクまたはシマカンギクの頭花を乾燥したものです。
漢方的には、解表、明目、清熱、解毒の効能があり、
頭痛、めまい、目の充血、視力低下、炎症などに用いられています。
 
 
<関連>
f:id:linderabella:20201029124125j:plain
日本の薬草
f:id:linderabella:20200625101914j:plain
茶外茶
f:id:linderabella:20200721143510j:plain
9月「菊湯」