からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

タマリンド

スパイス事典(Tamarind)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

インドではポピュラーなマメ科の植物で、自生しています。
さやから取り出した果肉をお湯に浸して使い、
甘く濃い香りとフルーツのような酸味が特徴です。
 
インドでは、カレーは勿論、チャツネ、
レンズ豆を使ったシチューの「サンバル」や
スープの「ラザム」などに使われています。
タイの「トムヤムクン」に使われることでも有名です。
 
現地では、サヤがまだ緑色の若いものから、
熟して殻が茶色くなったものまで出回っていますが、
日本国内には検疫の問題で生のままの状態では輸入されていません。
 
 
  • 学  名:Tamarindus indica
  • 和  名:チョウセンモダマ
  • 科  名:マメ科
  • 原 産 地 :東アフリカ
 
 
タマリンドには食物繊維が豊富で、整腸作用があると言われています。
また、便秘の改善にも効果が期待されます。
タマリンドの果肉に含まれる酸味成分は酒石酸やクエン酸とされ、
これらには疲労回復効果と整腸作用があると言われています。
 
鉄分をはじめカリウムやリンなど、ミネラル成分を沢山含んでいます。
特に普段不足がちな鉄分を沢山含んでいます。