からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

セロリシード

スパイス事典(Celery seed)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

地中海沿岸を原産とする香味野菜としてお馴染みの「セロリ」の種子で、
「スモールエッジ」と呼ばれる野生種に由来しています。
1~2mm程の小さな粒で青臭さやほろ苦味が特徴です。
 
古代ローマ時代やインドの伝統医学アーユルヴェーダでは医療に用いられていました。
日本では、豊臣秀吉朝鮮出兵時に加藤清正が持ち帰り「清正人参」と呼ばれたり、
19世紀にオランダ人が長崎へ持ち込んだので「オランダミツバ」とも呼ばれましたが
香味が強過ぎるため野菜としては普及しませんでした。
 
 
科名 セリ科
原産地 南ヨーロッパスウェーデン
パウダー  パウダーで使用することは少ないが、
トマトジュースで作るカクテル「ブラッディマリー」に
少し混ぜると味が締まり美味しい
ホール 長さが1~1.5ミリしかなく、茶色の筋が5本入っている。
 
 
種子「セロリシード」は古くから薬用として使われており、
その頃から鎮静、利尿、強壮の作用を目的として重宝されてきました。
 
種子には、抗酸化物質である「アピゲニン」が豊富に含まれており、
尿酸の排出を促す効果もあります。
 
「セロリシード」はパセリに似た青臭い香りが特徴です。
ほろ苦さがありつつも、わずかにナツメグのような甘さもあります。
主に野菜料理、カレー、ピクルスなどの隠し味に。
トマト料理やトマトジュースなどにパウダーを少量入れると、青臭さが和らぎます。
また、ガスパチョやトマトドリンクなどに使われるセロリソルトやセロリペッパーは、
西洋では卓上調味料としても使われています。
 
 
<関連事項>

f:id:linderabella:20200903172325j:plain
セロリシード精油