からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

スマック

スパイス事典(Sumac)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

「スマック」は、パレスチナを含む中東一帯に自生する
ウルシ科の植物の実を乾燥させ、粉状にしたスパイスです。
 
古代ローマ時代から、
柑橘系の植物が入手出来るようになる前に重宝されていました。
主にシシリー地方、イタリア南部、トルコや中東で栽培されています。
ホールで販売されていることは稀で、通常はパウダー状で入手することが出来ます。
 
スマックの味はフルーティでピリッと酸味があり、
味わいは赤紫蘇ふりかけによく似て、
しっかりした旨味の中に爽やかな酸味と香りが感じられます。
 
アラブ料理やペルシャ料理に多用され、サラダやグリル料理に使われることが多く、
各家庭に常備されています。
 
 
 スマックを使ったミックススパイス
 「ザーター」
 スマックに、白ごま、オレガノなどをミックスしたスパイスです。
 北アフリカを含む中東料理に欠かせません。
 肉のグリルに振ったり、オリーブ油とともにパンに付けて食べるなど、 
 手軽に使うことが出来ます。
 
 
「スマック」は生薬として、
喉の痛みを和らげる、胃腸の調子を整える、利尿作用を促すなど
様々な効能があるとして古くから重宝されてきました。