からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ジュニパーベリー

スパイス事典(Junipper berry)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

「ジュニパーベリー」はジンの香りづけに使われるスパイスで、
スッキリとした香りが持ち味です。
「ジュニパーベリー」は「セイヨウネズ」という針葉樹の果実で、
北半球の比較的寒い地域に広く分布しています。
 
「ジュニパーベリー」は、
古代ローマでは高価な胡椒の代わりとして使われていたそうで、
あの大プリニウスの「博物誌」にも記載があります。
また、ツタンカーメンの墓からもジュニパーベリーが発見されています。
 
「ジン」は、11世紀頃のイタリアの修道士が
ジュニパーベリーを使った蒸留酒を作ったのが起源のようです。
中世ヨーロッパで「黒死病」が大流行した際に、
このジュニパーベリーの蒸留酒が治療薬として使われていた記録が残っています。
 
かじると松脂のような香りと甘み、舌が痺れるような刺激があります。
ジビエの様に、クセのある肉料理の下味付けに用いると効果的です。
また、キャベツと相性が良く、「ザワークラフト」の漬け汁にも活用できます。
ドレッシングの風味付けにも便利です。
 
  • 学  名:Juniperus communis
  • 和  名:杜松実(としょうじつ)、セイヨウビャクシン、
         ねずみさし、ねず
  • 科  名:ヒノキ科
  • 使用部位:果実
  • 原 産 地 :諸説あり
 
<関連事項>