からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

グレインズオブパラダイス

スパイス事典(GRAINS OF PARADAISE)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

 

「グレインズオブパラダイス」は

「楽園の種」「幻のペッパー」という異名を持つ、希少性の高いスパイスです。
 
西アフリカ原産のショウガ科の多年生草本で、ギニアの西海岸地方や西インドで
栽培されています。
西アフリカのグレイン海岸(ペッパー海岸)はこの植物に因んで名づけられました。
 
13世紀に原産地の西アフリカからヨーロッパに伝えられ、
ギニア湾黄金海岸胡椒海岸、ナイジェリアから盛んに輸出され、
16世紀のイギリス女王エリザベス1世は特に愛好したと言われています。
 
中世ヨーロッパでは、
ワインにジンジャーやシナモン、グレインズ・オブ・パラダイスを漬け込んだ
「ピポクラス」という滋養ドリンクが好まれていたそうです。
 
アフリカやカリブ料理に広く使われています。
ケバブの実見込み用スパイスに使われています。
 
 
  • 学  名:Aframomum melegueta
  • 別  名:メレゲータ・ペッパー、ギニア・グレインズ 
  • 科  名:ショウガ科
  • 使用部位:種子
 
 
ショウガ科の「グレインズオブパラダイス」は、
身体を温め、穏やかな刺激を与えるので、
疲れやだるさを感じている人にはおススメです。
 
活力を高めるカフェイン入り飲料に頼るよりも、
ずっと体に良いという人もいます。
ジンジャーと同じく消化を助け、腰痛を和らげる他、
寄生虫を防ぐ効果があるとも言われています。