からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

クレソン

ハーブ事典(Cresson)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

「クレソン」は、ステーキの付け合わせてとして目にすることの多い
ヨーロッパが原産の水生植物です。
日本には明治時代に持ち込まれたことから、
オランダガラシ」という和名があります。
非常に繁殖力旺盛なので、現在では各地の河川敷や小川に群生しています。
切って販売されているものでも、
水に浸しておくと数日で茎の部分から根を伸ばし、そのまま栽培することが出来ます。
 
クレソンは「オランダ水がらし」とも呼ばれ、
清々しい風味と大根にも似た辛味を持っています。
これは、大根やワサビにも含まれる「イソチオシアネート」によるものです。
特有の風味と辛味が肉の脂っぽさを緩和してくれます。
実は和食とも好相性。
特に和風だしに合うので、お浸し、吸い物、うどん、鍋物の具や、
菜の花と同じ感覚で、からし和えにしてみても美味しいです。
 
  • 学  名:Nasturtium officinale
  • 和  名:オランダガラシ、ミズガラシ
  • 別  名:ウォータークレス
  • 科  名:アブラナ科
  • 使用部位:葉、茎
  • 用  途:料理、お茶など
  • 原 産 地 :ヨーロッパ
 
血液の酸化防止や肉の脂肪分解、食欲増進、食中毒の予防などに効果があることから、
肉食文化圏では、肉料理の付け合わせに欠かせない香味野菜として知られています。
 
また、カルシウムなどのミネラルやビタミンCも豊富に含まれており、
ヨーロッパでは古くから薬草として利用されてきました。
 
 
<関連>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー