からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

フェンネルシード

Kaffir Lime Leaf(spice)

f:id:linderabella:20200720190227j:plain

アニスに似た甘い香りと若干の苦み。魚料理によく利用される。
英語名の「フェンネル」は茎が黄緑で枯れたように見えることから
ラテン語の「フェヌム(Foenum=枯草)」に由来しています。
スターアニス」を「大茴香」と呼ぶのに対して、
フェンネル」は「小茴香」と呼ばれています。
 
甘い香りを生かして種子は焼き魚やハーブティーなどに利用される。
また中華のミックススパイスの「五香紛」や「カレー粉」の原料に
使われることがあります。
 
 
別名 茴香(ういきょう)、小茴香(しょうういきょう)
科名 セリ科
原産地 地中海沿岸
利用部位 種子(植物学上は果実にあたる)
 
 
フェンネルの種子には消化を助け、口臭を消す効果があるとして、
インドでは食後に口直し手として噛む習慣があります。
 
最近、野菜売り場に並んでいる「フローレンスフェンネル」は
フェンネルの種類の中で主に食用に使われる種類のもので、
根元から葉まで利用出来、サラダ、スープ煮、クリームソースがけ、
煮込み料理などに野菜感覚で利用されています。