からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーブ・スパイス「料理の目的と楽しみ方」

ハーブ・スパイス料理

f:id:linderabella:20201102131234j:plain

f:id:linderabella:20201102133209j:plain

 

スパイスとハーブの定義については様々な考え方がありますが、
「香りのある植物の一部で、料理、園芸など、生活に役立つ」点が
共通の特徴です。
 
 
例えば料理に使うと、
「香り」「辛味」「色」を付ける働きにより、
味にメリハリがついたり、風味や色どりが良くなります。
 
 
香りをつける
 
  スパイスやハーブには、
  精油と呼ばれる揮発性成分が含まれ、
  食欲をそそる美味しそうな香りをつけることが出来ます。
  肉や魚の臭みを抑える働きもあり、
  いつもの料理がより香り高く仕上がります。
 
 
辛味をつける
 
  ほどよい辛味は、料理の味を引き締めてくれます。
  効果的に使えば、食欲をそそる味わいになります。
  舌がヒリヒリするような辛味、鼻に抜けるツンとした辛味など、
  辛味にも色々なバリエーションがあります。
 
をつける
 
  料理は舌だけでなく、目でも味わうもの。
  黄色、赤、緑などの鮮やかな色を付けるだけで、
  食欲をそそる料理に変化します。
  鮮やかな黄色をした
  ターメリックライス、パエリア、ブイヤベースなどが、
  特に代表的な料理になります。
 
 
スパイとハーブの区分についてはいくつかの考え方がありますが、
種子、果実、葉など、利用する部位によって大別するのが一般的です。