からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーブ・スパイス料理「形態別の使い方」

ハーブ・スパイス料理

f:id:linderabella:20201102131234j:plain

f:id:linderabella:20201102133209j:plain

 

スパイス、ハーブの形態は、
植物を生のまま使う「フレッシュタイプ」
乾燥させて使う「ドライタイプ」に大別され、
その他に「ペーストタイプ」もあります。
 

 

 
 繊細な香りを活かしてサラダやスープに
  フレッシュハーブの鮮やかな色は、
  料理のトッピングに大活躍。
  新鮮で清々しい香りを添えることが出来ます。
  風味は様々ですが、
  生ならではのみずみずしい香りを活かすことがポイントです。
  サラダにして食感とともに味わったり、
  スープに繊細な風味をつけることが出来ます。
 
 
 いつでも手軽に使えて、煮込み料理に向いています
ドライタイプ
  ドライのハーブやスパイスはフレッシュに比べて、
  保存性高く、風味がすぐに損なわれにくいのもポイントです。
  フレッシュに比べて風味が強い場合が多いため、
  使う量を控えめにするのがコツです。
  (フレッシュをドライで代用する場合には、1/3~1/2程度を目安に)
  ドライタイプは、濃縮された力強い風味を持つものが中心です。
  煮込み料理や下味付けに使うと持ち味を発揮します。
 
 
 薬味にも隠し味にも大活躍
ペーストタイプ
  フレッシュな香り活かしつつ、
  フレッシュよりも使いやすさ、保存性を高めたものです。
  チューブ入り、瓶入りなど、様々な種類が市販されています。
  焼肉や刺身、鍋物の薬味だけでなく、
  料理の隠し味としても利用されています。