うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

ハーブを育てる~植替え、挿し木、株分け

ハーブ栽培

f:id:linderabella:20200720134019j:plain

 

 

f:id:linderabella:20200717183824j:plain

 

🌿 植替え

鉢やプランターに植えたハーブは種類に読手も異なりますが、
1~3年に1度は植替え、株分けを行います。
 
径10㎝程の小さな鉢に植えたハーブは、1年に1回、
大きめの鉢に植えたハーブは2~3年に1回、
鉢から抜いて新しい用土で植え替えてやります。
鉢に対して株が大きくなり過ぎたものは、
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして植えます。
 
1種類だけの苗でも、目的に合わせた寄せ植えでも構いません。
例えば、サラダ用、ティー用、クッキング用(イタリアンコンテナ、
エスニックコンテナなど)と決めて、苗の種類を選ぶのも楽しいですね。
 
 
1.鉢底に防虫ネットを敷いてゴロ土を入れて、
  その上に適当な高さまで培養土を入れます。
  (苗を置いた時に、その根元が鉢の縁から2㎝位下がった所に来るように調整)
 
2.苗をポットから慎重に取り出し、鉢の中心になるように置き、
  周りに培養土を入れていきます。苗が数種類の時はバランスよく配置を。
 
3.鉢を軽く揺すって土をならし、
  鉢底から水が流れ出すくらいにたっぷりと水やりをする。

 


 

🌿 挿し木

ローズマリーなどのような木本のハーブは、
何年か育てていると基部が木化して太くなってきます。
株分けも出来ないので、
小さく仕立て直すには「挿し木」で新しい株を作るのがおススメです。
「挿し木」は枝や茎を切り取り、そこから殖やしていく方法です。
同じ挿し木でも、「水挿し」と「土挿し」があります。
 
 
枝(茎)をカットする 新しい枝を選び、2、3節(10~15㎝)程カットします。
その際切る口が斜めになるようにします。
下の方についている葉(下葉)は取り除き、葉が4、5枚残るようにします。
この枝を「挿し穂」と言います。
「シソ科」、「キク科」が挿し木に向いています。
 

水挿し

下葉が水につからない程度までコップに水を入れ、そこに「挿し穂」をします。
毎日水を変えて、直射日光を避けた明るい室内で管理します。
一週間程で発根します。新しい芽が伸び出して来たら発根の証拠です。
丁寧に掘り上げて、小さな鉢やプランターに植え付けましょう。
 
「水挿し」に向くハーブバジル、フィーバーユー、ミント、ヤロウ、レモンバームなど

 

土挿し

土挿しの場合は、挿し木用の培養土を用意します。
無菌・無肥料の「バーミキュライト」を使用することが多いです。
土を十分に湿らせておき、下葉ぎりぎりまで挿し穂を土に挿します。
2、3日は湿度を保たせ、明るい日陰で管理します。その後、日なたに移します。
(水は与えすぎても発根しにくくなるので、滴湿保ちます。)
 
「土挿し」に向くハーブアニスヒソップオレガノ、キャットニップ、セージ、ゼラニウム、タイム、タラゴンヒソップ、フィーバーユー、マジョラム、ミント、ヤロウ、ラベンダー、レモンバーム、ローズ、ローズマリーなど

 

水揚げ

土挿しをする前に、十分に水分を吸い上げさせるために水揚げをすることが多いです。水挿しのように、挿し穂を水を入れたコップに入れ、1時間程そのままにします。
十分に水分を吸わせた後に、土に挿します。

 


 

🌿 株分け

「株分け」は、株を掘り起こして、株を分割して殖やしていく方法です。
株をただ殖やすだけでなく、株を若返らせたり、根腐れを防ぐことにも役立ちます。
株を掘り上げ、分割する時期は花が咲く時期を避け、春か秋に行うことが多いです。
根を傷つけないように、株ごと掘り上げます。
土を落とし、自然に株が分かれるところで株を分割します。
無理やり分けてしまうと、株が弱る原因になります。
古くなった根はハサミでカットしてしまいます。
株を植え付け 栽培用の土を用意し、定植させたい場所に植え付けをします。
半日陰で水をたっぷり与えます。
新芽が出たら日なたで育てます。
 
「株分け」が向いているハーブコンフリータラゴンヒソップ、フィーバーユー、フェンネル、ブルーマロウベルガモット、マジョラム、ミント、ヤロウ、ルバーブレモングラスレモンバームなど、セリ科、イネ科などの挿し木が向かないハーブやミント類が向きます。