うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

ハーブを育てる~冬の管理

ハーブ栽培

f:id:linderabella:20200720134019j:plain

 
植物の耐寒性は種類によって違います。
寒さに弱い種類のハーブは室内に取り込むなどして、保護してやる必要があります。
冬越しは諦めて、1年草と考え、毎年春に苗を購入するのもいいでしょう。
 
・室内や温室に取り込むハーブ   (非耐寒性)
 
・霜よけ、風よけで越冬出来るハーブ(半耐寒性)
 コリアンダー、チャービル、フレンチラベンダー、レモンバーベナ 
 
 
1.室内に取り込む
  「非耐寒性」のハーブは、
  寒さに弱く、屋外での冬越しは困難です。
  室内に取り込んで寒さから守ってやりましょう。
  庭に植えたものも、秋に掘り上げて鉢植えにすれば、
  室内で冬越しさせることも出来ます。
 
 
2.霜よけ、風よけをする
  「半耐寒性」のものは、株元に藁を敷いたり、
  株全体をよしずやビニールで覆ってやれば冬越しが可能です。
  鉢植えなら、風の当たらない南向きの日だまりなどに移動しましょう。
  コリアンダーやチャービルなどは
  秋のうちに種を取っておいて、春にまた種を蒔くのもおススメです。
 
 
3.水やりは控えめに
  いずれの種類も水やりは控えめにします。
  乾燥気味にしておいた方が耐寒性が増すからです。
  野外に置いたコンテナの水やりは1週間に2、3回程度で大丈夫です。
  水やりは、暖かい日の午前中が適しています。