うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

ハーブを育てる~夏の管理

ハーブ栽培

f:id:linderabella:20200720134019j:plain

 
冷涼なヨーロッパ原産のハーブの中には、高温多湿の日本の夏が苦手な種類も
あります。
最近は比較的暑さに強い品種も作られていますが、
暑さに弱いハーブの夏の管理のポイントを押さえておきましょう。
 

暑さに弱いハーブ

オレガノジャーマンカモミール、タイム、チャービル、ラベンダーなど 
 
 
1.涼しい日陰で管理
  夏の間は朝日の当たる家の東側や北側などの
  風通しの良い涼しい半日陰で管理します。
  特に西日は禁物です。西日が当たるような場所には、
  寒冷紗やよしずなどで遮光し、強い日差しを遮りましょう。
 
 
2.切り戻して風通し良く
  株が混んでいると、中心部が群れて株全体が弱ってしまうことがあります。
  夏前に細い枝や古い枝を株元から切り取ったり、高さを半分位に切り詰めたりして
  風通しを良くしましょう。
  多くの種類では、秋になると新芽が伸びてきます。
 
 
3.肥料は与えない
  夏の間は生長も遅くなるので、肥料は必要ありません。
  肥料分が多いと成育障害が出ることがありますので、一部の種類を除いて、
  夏の間は肥料を与えないようにするのが安全です。
 
 
4.水やりは涼しい時間帯に
   強烈な太陽が照り付ける真夏の水やりは、特に注意が必要です。
  小さな鉢やプランター栽培では、
  1日水やりを忘れただけで枯れてしまうこともあります。
  土はすぐに乾いてしまいますから、夏の水やりは朝夕2回行うとよいでしょう。
  水やりは涼しい時間帯に。
  蒸れを防ぐために、株全体にかけるのではなく、株元に水やりします。
  特に花には直接水を掛けないように注意します。