うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

ハーブを育てる~水やり

ハーブ栽培

f:id:linderabella:20200720134019j:plain

 
多くのハーブは、一度植え付ければそれほど手がかかりませんが、
鉢やプランターに植えたものは水やりが欠かせません。
 
 
1.発芽するまで
発芽には水分が必要です。
乾燥を好むハーブでも、発芽時には水分が沢山必要なものがほとんどです。
水を上からかけると、種が流れてしまうので、
受け皿に水を溜めて、下から吸収させるようにします。
各ハーブには発芽に適する温度があるので、それを保つように気をつけます。
 
 
2.水やりは朝か夕方
ハーブの種類によって乾燥に弱いもの、強いものがありますが、
一般に、鉢土の表面が乾いたら
鉢底から流れ出るまでたっぷり水やりをするのが基本です。
 
水やりは朝か夕方に行います。
特に夏場は、水やり後に日中の直射日光が当たると
蒸れて株が弱ってしまうこともありますので、
日中、水不足で葉が萎れているのを見つけたら、
鉢やプランターを日陰に移してから水やりをしましょう。
 
 
3.水やりの間隔
水やりの間隔は、季節や天候、置き場所の環境、ハーブの種類や生育状態、
用土の種類や鉢の大きさ、材質など、様々な条件によって異なりますので
一概には言えません。
毎日様子を見て水やりをするかどうかを判断しましょう。
  • 春と秋:1日に1回。
  • 夏  :1日1~2回
  • 冬  :2日に1回
 
4.水やりを少なくするには?
短期の旅行などで水やりが出来ない場合は、乾きを遅くする工夫をしましょう。
手軽なのは、受け皿に水を溜めておく方法です。
但し、直射日光が当たると水温が上がって根が傷むことがあるので、
鉢を日陰に置くようにしましょう。
 
給水テープなどを鉢に入れて鉢底の穴から出し、底面から給水させるのも
おススメです。その場合は日向に置いても大丈夫です。
 
他にも色々な給水グッズが販売されていますので、利用してみるのもよいでしょう。