からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ユーカリ・グロブルス

ハーブ事典(eucalyptus)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

オーストラリアが原産の高木で、
世界でも最も高く成長する木の一つです。
コアラが好む植物として有名です。
 
名前 ユーカリ・グロブルス
和名 ユーカリノキ
学名・読み方 Eucalyptus globulus [エウカリプトゥス・グロブルス]
科名 フトモモ科
使用部位
有効成分 ポリフェノール、トリテルペン、シネオール、α-ピネン、グロブロール
主な効能 去痰作用、浄化作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
効果的な症状 急性気管支炎
 
 
オーストラリアのアボリジニは、
感染症や高熱に「ユーカリ」を用いていました。
フランスには1856年に導入され、
非常に貴重な駆熱剤として評価されてきました。
スペインでは、肺結核の治療に用いられていました。
アルジェリアやシチリアでは、
「ユーカリ」をマラリア対策に植えられました。
空気を清浄してくれる植物です。
 
 
現在では、「レモンユーカリ」を始めとする芳香のある種と、
ギンマルバユーカリ」のような観賞用の種が主に流通しています。
また、ユーカリの精油には、抗炎症作用や抗菌作用があるとして、
花粉症の症状緩和などに活用されています。
 
 
ユーカリは非常に成長が早く乾燥にも強いことから、
近年は乾燥地帯の緑化樹としても需要が高まっています。
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ユーカリティー
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ユーカリ・
グロブルス
芳香蒸留水
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ユーカリ・
ラディアータ
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
レモンユーカリ