からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

レモンバーベナ

ハーブ事典(Lemon verbena)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

元来は南米のハーブで、
アンデス地方の人々は昔から薬として利用していました。
18世紀にスペイン人によってヨーロッパに伝えられました。
夏になると枝先に白色や淡い色の小さな付けます。
 
フランス語名は「ベルベーヌ」と言います。
葉にはレモンのような芳香があり、
ヨーロッパでは食事の際に指を洗うフィンガーボールの香り付けや、
肉や魚のニオイ消しなどに使われました。 
 
和名は「防臭木」(ぼうしゅうぼく)と言います。
明治時代に東京でコレラが流行った時に、
コレラ除けの植物として
レモンバーベナの鉢植が売り出されたことに由来します。
また、もう1つの和名である「香水木」(こうすいぼく)
レモンバーベナ精油を香水の原料にしたことが由来になっています。
 
17世紀の有名なハーバリストであり占星術家であるニコラス・カルペパーは、
レモンバーベナは「内側と外側の全ての傷を癒す」と記しています。
 
 
・学  名:Aloysia triphylla [アロイシア・トリフィラ]
      Lippia citriodora [リッピア・キトリオドラ]
・和  名:コウスイボク(香水木)、ボウシュウボク(防臭木)
・科  名:クマツヅラ科
・使用部位:葉
・有効成分:精油、フラボノイドなど
・作  用:緩和作用、鎮静作用、消化促進作用
・適  応:食欲不振、消化不良、軽い興奮
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
レモンバーベナ
ティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
レモンバーベナ
精油
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
レモンバーベナ
芳香蒸留水