からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

レモングラス

ハーブ事典

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

レモングラス」は、インド、スリランカインドシナ半島の原産で、
熱帯アジア地域に自生しているハーブです。
その歴史は古く、インドでは数千年前から人々に好まれ、
伝統医学アーユルヴェーダでも利用され、
「チューマナ・ブールー」という名前で知られ「冷やすハーブ」とも言われています。
 
このハーブは、レモンと同じ香りの成分(シトラール)を含有し、
レモンのような強い香りを放つハーブ(草)であったことから
レモングラス」と名付けられたと言われています。
 
本物よりもレモンらしいと言われるその香りは、心を穏やかにしてくれます。
料理から化粧品まで幅広く利用され、
精油は虫除けハーブやお風呂に入れて入浴剤としても使われます。
 
 
  • 学  名:Cymbopogon citratus (西印産)
         Cymbopogon flexuosus(東印産)  
  • 和  名:レモンガヤ(檸檬茅)
  • 科  名:イネ科
  • 使用部位:葉、茎
  • 用  途:料理、お茶、美容健康、クラフト、染色 など 
  • 効  能:
  • 原 産 地 :タイ、インド
 
 
料理やハーブティーでの利用が一般的で、肉や魚との相性がいいです。
東南アジア料理やカリブ料理などで利用浚えることが多いです。
タイ料理を代表する「トムヤムクン」には欠かせないハーブで、
チリペッパーの辛みを抑え、爽やかな香りが料理を引き立たせてくれます。
レモングラスハーブティーには疲労回復や消化促進などの効果があるため、
食後などに飲まれています。
 
葉から抽出される精油には、美肌効果があり、化粧水の原料にもなっていますが、
肌に使う場合には注意が必要です。
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
精油