からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ルバーブ

ハーブ事典(Rhubarb)

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

勢いよく生えた緑の葉と、
根元から伸びた太い柄の深紅の対比が美しいハーブです。
ルバーブの葉には毒性があるため食べられません。
そのため店頭では軸の部分だけで売られています。
 
ヨーロッパでは人気の定番野菜です。
原産地はシベリア南部で、紀元前3000年頃から栽培されています。
現在、食用として栽培されている「ルバーブ」は、
主に太い葉柄の部分が食べられ、
リンゴに似た酸味とアンズに似た芳香が特徴です。
ジャムや砂糖漬けによく使われています。
 
葉には有害なシュウ酸が含まれているため、食用にはなりません。
 
 
日本には明治時代に導入されましたが定着はしませんでした。
但し、近年は長野県を始めとする地域で栽培が行われ、
徐々に認知度が高まってきています。
 
食物繊維が豊富で、便秘改善に効果が高く、肌にも良いとされています。
 
 
  • 学  名:Rheum rhabarbarum
  • 和  名:ショクヨウダイオウ(食用大黄)
  • 科  名:タデ科
  • 使用部分:茎、根
  • 用  途:料理、お茶、美容健康、染料 など
  • 効  能:瀉下、抗炎症、抗菌、収斂  など
  • 原 産 地 :シベリア南部