からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ダンディライオン

ハーブ事典

f:id:linderabella:20200719105344j:plain

日本では「セイヨウタンポポ」の名で知られる「ダンディライオン」。
在来種の「ニホンタンポポ」とは別の種類です。
 
 
春から初夏にかけて全国の至る所で黄色い花を見かけます。
環境省要注意外来生物に指定されるなど、
雑草のイメージが強いのですが、
インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」においては、
肝臓は胆のうの不調に利用されるなど、
海外では古くから薬草として用いられてきました。
 
 
ギザギザとした葉の形から「ライオンの歯」を意味する名前を持ちますが、
フランス語「ピサンリ」は・・・「おねしょ」。
利尿作用が強いことで知られています。
 
 
原産地であるヨーロッパでは、古くから食用として利用されており、
若葉はサラダに、花はワインに、根は代用コーヒーにと、
禅僧が利用できる有用のハーブです。
 
 
<強肝のハーブ>
苦味は胃腸の働きを活発にし、肝臓の働きを強化します。
「ミルクシスル」の3つのハーブは、
「強肝のハーブ」として知られています。
作用が強くて一番苦いのが「ミルクシスル」です。
苦いハーブなので、飲みやすくするためにペパーミントを少し加えてみましょう。
 
 
<関連事項>