からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ローズ・オットー

Rose otto (精油事典)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

女性ホルモンに働きかけ、幸福感をもたらす
 

 
「ローズ・オットー」という種類のバラがある訳ではなく、
原種に近い「ダマスクローズ」を水蒸気蒸留法により抽出した
精油を言います。
 
 

香りの特徴

 
 
「香りの女王」と呼ばれるこのバラには、
シトロネロールやゲラニオールを始め、
多種多様な成分が含まれ、研究が重ねられています。
 
鎮静や免疫を調整する作用と同時に、高揚感ももたらします。
ホルモンバランスを整え、
更年期障害やPMS(月経前症候群)の諸症状を緩和。
皮膚の修復作用が老化や乾燥から肌を守り、
アンチエイジング効果も期待出来ます。
 
中世ヨーロッパでは、
不老長寿の妙薬、若返りの薬として人気がありました。
中世のアラビアの医師であり、哲学者のイブン・シーナは
このバラのフローラルウォーターを治療に利用したそうです。
 
低温(約10℃以下)で固まると言う性質がありますが、
手で温めると再び液体に戻ります。
(精油は原液では直接触らないで下さい)
 

      

 

精油データ

学名 Rosa damascena(ロサ ダマスケナ)
和名・別名 バラ
科名 バラ科
抽出部位
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 淡黄色
ノート ミドル~ベースノート
香りの強さ
香りの特徴 【フローラル系】深みがあり、しっかりと残る
        芳醇でややスパイシーなローズの香り。
相性のいい精油 オレンジ・スイート、カモミール、クラリセージ、
サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、ベルガモット
主な成分 シトロネロール(~50%)、ゲラニオール、ネロール、
ファネソール、フェニルエチルアルコール、
リナロール、オイゲノールなど
精油の働き
:ネガティブな感情をほぐす。
  緊張やストレスを解消し、眠りを促す。
:月経周期を正常化させる。
  消化器系を活発にし、食欲を増進させる。
:皮膚炎や湿疹の治りを促す。毛細血管を強化する。
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強

 

おススメの使用法

ローズの精油はわずかしか抽出出来ないため、
大変高価ですが、スキンケア、ボディケアなど
様々な使い道があります。
 
 

関連事項

f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ローズ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ローズティー
f:id:linderabella:20200903172325j:plain
ローズ・
アブソリュート
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
ローズウォーター