からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ラベンダー

Lavender(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

あらゆるストレスを和らげる万能精油
 
 
軽やかなフローラル長の香りと穏やかな性質で、
応用範囲の広さからアロマテラピーでは最もよく使用される精油の一つです。
 
20世紀のフランスの科学者、ルネ・モーリス・ガットフォセは、
火傷を負った際、咄嗟にラベンダーの精油を掛けて傷を回復させたことから、
「アロマテラピー」という言葉を生み出し、本格的な研究が開始されました。
 
鎮静、鎮痙、消炎作用に優れ、頭痛、胃痛、筋肉痛や体のコリなどを緩和します。
皮膚の新陳代謝を高めて、再生を促すので、傷や火傷、日焼け後に効果的です。
全ての肌質に使えるため、スキンケアに使いやすい精油の代表格と言えます。
 
また、心のわだかまりを洗い流し、
自律神経を始め、心身全てのバランスを整える万能精油です。
ラベンダーの語源はラテン語の「洗う」から来たものです。
古代ローマ人はラベンダーを入れて入浴していたと言われています。
中世には、伝染病の予防のために、教会に敷かれていました。
 
ラベンダーの精油には、肌細胞を活性化させる働きがあるため、
洗顔後に気になる部分に塗るだけで、シミを白くする効果が期待出来ると言われています。
但し、絶対に原液を直接、そのまま肌には塗らないで下さい!
また、必ずパッチテストを行って下さい!
 
 

精油データ

学名 Lavandula angustifolia
(ラウァンデュラ アングスティフォリア)
和名・別名 ラベンダー
科名 シソ科
抽出部位 花と葉
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 淡黄色
ノート トップ~ミドルノート
香りの強さ
香りの特徴 【フローラル系】やさしいフローラルハーブの香り
相性のいい精油 オレンジ・スイート、カモミール、クラリセージ、
ジャスミン、ゼラニウム、レモン、ローズマリー
主な成分 酢酸リナリル、リナロール
主な作用 強壮、血圧降下、抗うつ、抗炎症、殺菌、
鎮痙、鎮静、瘢痕形成、皮膚組織再生、鎮痛
精油の働き
:緊張やストレスを和らげ、眠りを促す。
:頭痛、月経痛、筋肉痛の痛みを和らげる。
  血行を促し、リンパの流れを良くする。
:日焼けによる炎症を鎮め、火傷の治りを促す。
  ニキビ、虫刺され、水虫などを改善する。
注意事項 妊娠初期、分娩前後の使用は控え、
妊娠後期、授乳期間中は半分の濃度で使用。
 
 
<おススメの使用法>

1.日焼け止めを癒すトリートメントオイルとして

    f:id:linderabella:20200723201602j:plain

  1. キャリアオイルをビーカーなどの器に入れる
  2. 1.の容器に精油を入れる
    (ボディー用は1%、フェイス用は0.5%以下になるように希釈する)
  3. 不調を感じる部位に塗る。
※ 保存する時は、遮光瓶に移し、1~2か月で使い切りましょう。
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー
f:id:linderabella:20200806155936j:plain
芳香蒸留水
  
 


THERA テラ 香 和精油 アロマオイル 長野小諸ラベンダー 4560306881513 waseiyu おうち時間