からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ヤロウ

精油事典(Yarrow)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

深く美しい青い色を持つ辛さに活力を与える精油
 

 
ヤロウはヨーロッパ原産の多年草で、道端に自生しています。
古くから傷の特効薬として利用されてきました。
ヤロウは「戦士の傷薬」と呼ばれ、
トロイ戦争の時にアキレスが傷を癒しに使ったと言われています。
ヨーロッパでは、木の葉に悪霊を追い払う力があるとして、
魔除けやお守りに使われたり、ハーブティーとして広く親しまれている、
身近なハーブの一つです。
 

 
「アズレンブルー」 と呼ばれる美しい青色が特徴の精油です。
この色は、抗ウイルス、抗炎症作用の強い「カマズレン」という成分を
豊富に含むためで、風邪の予防や筋肉痛の緩和などにおススメです。
また、女性ホルモンに作用して、月経痛や更年期障害など、
女性特有のトラブルを改善する働きがあるとも言われています。
 

 

精油データ

学名 Achillea millefolium
和名・別名 ヤロウ、西洋ノコギリ草
科名 キク科
抽出部位 葉、花
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 青色
ノート ミドルノート
香りの強さ 中~強
香りの特徴 【フローラル系】苦みと甘さがあるハーブ調の香り
相性の良い
精油
クラリセージ、ジュニパーベリー、メリッサ、レモン、
レモンバーベナ、ローズマリー
主な成分 サビネン、カマズレン、β-ピネン、ゲルマクレンD、α-ピネン、
1,8-シネオール、テルピネン-4-オールなど
主な作用 強壮、去痰、血行促進、抗カタル、
胆汁分泌促進、免疫調整
精油の働き
:極度の緊張をほぐす。
  気力が衰えた時、勇気を奮い起させる。
:月経を正常にし、更年期障害を和らげる。
  免疫力を高め、風邪を予防するのに役立つ。
:傷やあかぎれの炎症を和らげる。
注意事項 妊娠中は避ける、キク科アレルギーの人は避ける
 
 
<関連事項>
f:id:linderabella:20200719105344j:plain
ハーブ
f:id:linderabella:20200625102036j:plain
ハーブティー