からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

パルマローザ

Palmarosa(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

心と体のバリア機能をアップ
 
 
パルマローザの精油は18世紀頃から始まりました。
インドやトルコで盛んですが、マダガスカル産が最も高品質と言われています。
タバコの香りづけや香水の原料として使われています。
インドではアーユルヴェーダの治療によく使われます。
 
ローズを思わせるフローラル系と爽やかなシトラス系が混ざり合った香りがします。
神経系をリラックスさせ、気持ちを明るく、心を穏やかにします。
体のバリア機能にも働きかけ、菌やウイルスから守ってくれます。
美容分野では保湿性が高く、あらゆる肌タイプのスキンケアに活躍します。
 
 

精油データ

学名 Cymbopogon martinii(キンボポゴン・マルティニ)
和名・別名  
科名 イネ科
抽出部位
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 淡黄色
ノート トップノート
香りの強さ
香りの特徴 【フローラル系】シトラスとフローラルが混ざった、
        爽やかなローズのような香り
相性の良い
精油
カモミールジャスミンベルガモット、ライム、
ラベンダー、レモン、ローズ
主な成分 ラニオール(80%程)、酢酸ゲラニル、リナロールなど
主な作用 強壮、抗ウイルス、抗うつ、抗菌、抗真菌、興奮、収斂
精油の働き
:不安定な情緒を鎮め、気持ちを明るくさせる。
感染症の予防、熱を下げるのを助ける。
  食欲を増進させる。
:しわ予防、皮膚の老化防止に効果がある。
  肌の水分バランスと皮脂の分泌を正常にする。
注意事項 妊娠中は避ける、イネ科アレルギーに注意