うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

バニラ

Vanilla(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144158j:plain

お馴染みのバニラの香り
 
 
世界的に有名で一般的な香料一つ「バニラ」。
Vanillaの名前の由来は、「小さなさや」というスペイン語です。
バニラの香料となる部分は種子ですが、もとから甘い香りはしないので、
発酵・乾燥の工程が必要です。
その後水蒸気蒸留、もしくは溶剤抽出法によって、精油が作られます。
粘性のある濃い琥珀色の精油は、刺激があり、肌への使用はおススメできません。
ただ、いくつかの精油ブレンドすると、香り全体をまとめる働きをします。
 
 
精油データ
学名 Vanilla planifolia
和名・別名  
科名 ラン科
抽出部位 種子、さや
精油製造法 揮発性有機溶剤抽出法
精油の色 濃い琥珀
ノート ミドル~ベースノート
香りの強さ
香りの特徴 【スパイス系】温かく甘い、バニラの香り
相性の良い
精油
オレンジ・スイート、シナモンリーフ、ティートリー、
フランキンセンス、ベンゾイン、マンダリン
主な成分 バニリン
主な作用 抗うつ、鎮静
精油の働き
:甘い香りが気持ちを明るく、盛り上げる。
注意事項 刺激強、フレグランス以外の肌への使用は避ける。
妊娠中・授乳中は使用を避ける。