うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

ネロリ

Neroli(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144134j:plain

イタリアの貴婦人の名に因むビターオレンジの優雅な香り
 
 
17世紀イタリアのネロら公国王妃に愛されたと言われ、
ビターオレンジの花から採れる精油です。
興奮と鎮静のバランスをとる作用があるため、不眠症や高血圧、
動悸を落ち着かせたり、神経性の消化不良、腹痛、下痢などに効果があります。
ストレスや不安感が高まった時、落ち着きと安らぎを取り戻してくれます。
加齢肌に有効とされ、美容分野では肌細胞の再生を促し、しわやたるみ対策に。
また、妊娠線予防に用いられます。
成分の「ネロリドール」はホルモン分泌に作用し、PMS(月経前症候群)や
更年期障害など、女性のトラブルを和らげるとされています。
 
柑橘系の爽やかさとフローラルの優美さを合わせた芳香を持ちますが、
ローズやジャスミンと同じく採油量が低いため、とても高価な精油の一つです。
 
 

精油データ

学名 Citrus auranitium(キトルス アウランティウム)
和名・別名 ダイダイ
科名 ミカン科
抽出部位
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 淡黄色
ノート ミドルノー
香りの強さ
香りの特徴 【フローラル系】フローラルとシトラスが混ざり、
        ほのかに苦みを感じる香り
相性のいい精油 イランイラン、オレンジ・スイート、コリアンダー
サンダルウッド、ジャスミンゼラニウムパルマローザ、
プチグレン、ベルガモット、ライム、ラベンダー、ローズ、
ローズマリー
主な成分 リナロール、ゲラニオール、ネロール、酢酸リナリル、
リモネン、β-ピネン、ネロリドール
主な作用 強壮、血圧降下、抗うつ、抗炎症、催淫、
鎮痙、鎮静、血行促進、ホルモン様
精油の働き
:不安、緊張をほぐし、気持ちを落ち着ける。
  交感神経を鎮め、不眠症を改善する。
:下痢の症状を和らげる。
  血行を良くする。
  催淫効果がある。
:肌に弾力を与え、しわやたるみを防ぐ。
注意事項 妊娠初期、分娩前後の使用は控え、
妊娠後期、授乳期間中は半分の濃度で使用。