からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

土佐小夏

精油事典

f:id:linderabella:20200813144116j:plain

血液循環を促進し、心身をリフレッシュ
 
 
「土佐小夏」は、日向の国、つまり宮崎県原産で、
高知県では「小夏」、愛媛県や静岡県では「ニューサマーオレンジ」と
呼ばれます。
いずれも「夏」という言葉がつくように、
初夏5~6月に最も美味な柑橘類です。
 
ユズが変異したと言われるミカン科の果実で、
精油の主成分はユズと同じ「リモネン」ですが、
「シトロネラール」などを含むためか、
ユズよりもレモン系の爽やかな香りがします。
 
ユズと同じく血行を促進するリモネンを多く含んでいるので、
身体を温めて冷え性を改善する働きがあります。
クーラーによる冷え過ぎに「アロマバス」で用いたり、
夏バテや暑さによる気力や集中力の低下に芳香浴で用います。
 
小夏は水蒸気蒸留法で抽出されているため、
「光毒性」がないので、日中でも使用しやすい優しい香りの精油です。 
 
 

精油データ

学名 Citrus tamurana
和名・別名 レモン
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
精油製造法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
香りの特徴 【柑橘系】
絞りたての果実そのもののフレッシュで心地よい爽やかな香り
相性のいい精油 ほどんどの精油と相性がいいです。
主な成分 リモネン(80.2%)、γ-テルピネン(10.51%)、
ミルセン(2%)、リナロール(1.05%)など
主な作用 消化促進、静脈強壮、体液循環促進、うっ滞除去、抗菌、鎮静
精油の働き
:落ち込んだ気持ちを前向きにする。
集中力をアップさせる。
イライラやストレスを癒す。
:新陳代謝を高めて冷え症を改善する。
:肌にうるおいを与えて、保湿効果もあります。
注意事項 皮膚刺激があるため、低濃度で使用しましょう。