からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ティートリー

Tea tree(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144207j:plain

強力な抗菌力ながら、肌には優しい
 オーストラリアの湿原に生息しています。
先住民のアボリジニは、カヌー等の材料にしたり、薬用として、
幅広く使用していました。
名前の由来は、葉をお茶としても愛飲していたことに由来します。
薬効が実際に注目されたのは、第一次世界大戦後になります。
 
精油は、強い抗菌や抗真菌、殺菌作用に優れ、
インフルエンザなどのウイルスによる感染症や風邪の症状緩和に用いられます。
粘膜の炎症を抑える働きもあり、穏やかに作用するため、
咳や気管支炎、鼻水、鼻詰まり、副鼻腔炎などの呼吸器系の症状や、
花粉症などのアレルギー症状の緩和などにも重宝されています。
爽やかな香りは、心身のリフレッシュ作用があります。
 
この他、デオドラント効果もあり、お掃除の際、
雑巾がけ用の水に数滴垂らして使用することで、消臭や殺菌効果が期待出来ます。
 
活用範囲が広く、日常生活においてとても使いやすい精油の一つです。
 

精油データ

学名 Melaleuca alternifolia
(メラレウカ アルテルニフォリア)
和名・別名 ゴセイカユプテ、ペーパーバーク
科名 フトモモ科
抽出部位
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 無色
ノート トップノート
香りの強さ
香りの特徴 【樹木系】スッキリと鼻に抜けるような薬品のような香り
相性のいい精油 オレンジ・スイート、サイプレス、マンダリン、ユーカリ、
ラベンダー、レモン、ローズマリー
主な成分 テルピネン-4-オール、y-テルピネン、α-テルピネン、
1,8-シネオール、カジネンなど
主な作用 うっ滞除去、強壮、抗ウイルス、抗炎症、抗カタル、
抗菌、抗真菌、免疫調整
精油の働き
:傷ついた心を癒し、リフレッシュさせる。
:気管支系の痛みや炎症を和らげる。
  感染症を防ぐ。
:火傷、日焼けによる炎症を鎮める。
  ニキビ、虫刺され、切り傷を治りを促す。
注意事項 刺激性があるため、低濃度での使用がおススメ。
妊娠初期、分娩前後の使用は控え、
妊娠後期、授乳期間中は半分の濃度で使用。
 
<関連事項>
 
 
<おススメの使用法>

1.入浴(アロマバス)

  f:id:linderabella:20210107064842j:plain

お湯を張ったバスタブに精油を3~5滴垂らし、
湯全体に精油が広がるようによく混ぜてから浸かりましょう。
リラックスしたい時は、ぬるめのお湯がおススメです。
 

2.足浴

  f:id:linderabella:20200827110215j:plain

お湯を入れた洗面器に精油を2~3滴落として、
よく混ぜてから足浴しましょう。デオドラント効果も期待出来ます。
 

3.蒸気吸入(マグカップ芳香浴)

  f:id:linderabella:20200906133141j:plain

熱めのお湯を入れたマグカップを
テーブルの上に置き、精油を1滴入れます。
マグカップに顔を近づけ、目を閉じ、
立ち上ってくる香りの蒸気をゆっくりと吸い込みましょう。
※ 必ず目を閉じ、むせないようにして行いましょう。
  誤って飲まないようにご注意下さい。
 

4.アロマトリートメント

linderabella.hatenablog.jp

キャリアオイルに精油を希釈し、
不調を感じる部位をトリートメントしましょう。
 
 
 


生活の木 アロマオイル ティートゥリー 精油 10ml