からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

スペアミント

Spearmint(精油事典)

f:id:linderabella:20200813144126j:plain

疲れた心と体を爽やかにリフレッシュさせる精油
 
ハッカ属には沢山の種類がありますが、その中でも代表格になるのがスペアミント。
葉が尖っていて、それが「槍」を意味する「Spear」という名前になりました。
極端な乾燥や湿気などを除き、比較的どのような場所でも育ちます。
古代ギリシャ人はスペアミントを浴槽に入れ、沐浴を楽しみました。
口腔ケアにも古くから使用され、今でも歯磨き粉の香り付けなどにも
使用されています。
 
精油は、ミントの爽やかで心地よい香りで、気分をリフレッシュしてくれます。
ペパーミントより、香りがマイルドで刺激が少ないので、
精神的に疲れている時などに効果的です。
抗炎症作用や消化器系の強壮作用があり、口臭予防や頭痛解消、
呼吸器系のトラブルにも働きかけます。
 
 

精油データ

学名 Mentha spicata
和名・別名  
科名 シソ科
抽出部位
精油製造法 水蒸気蒸留法
精油の色 淡淡黄色
ノート トップノート
香りの強さ
香りの特徴 【ハーブ系】甘みのある、フレッシュなミントの香り
相性の良い
精油
グレープフルーツ、リンデン、ローズマリー
主な成分 ℓ-カルボン(70%)、リモネン、1.8-シネオール、ミルセンなど
主な作用 強壮、駆風、抗炎症、抗真菌、殺虫、刺激、
消臭、鎮痙、通経、分娩促進、防虫
精油の働き
:疲れた心をリフレッシュさせる。
:便秘の症状を和らげる。
  頭痛を和らげる。
  吐き気を抑え、乗り物酔いを改善。
>肌:痒みを抑える。
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強、低血圧の人は避ける