からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

「温・冷湿布」の仕方

スキンケア/ヘルスケア

f:id:linderabella:20200903172325j:plainf:id:linderabella:20201208135202j:plainf:id:linderabella:20200903172317j:plain

 

f:id:linderabella:20201018163643j:plain

 
 
タオルやガーゼなどを
精油を入れたお湯で温めたり(温湿布)、水や氷で冷やしてから(冷湿布)、
それを患部に当てて、皮膚から精油成分を浸透させる方法です。
「温湿布」は肩こり、腰痛、生理痛、眼精疲労などの「慢性のトラブル」に、
「冷湿布」は日焼けや筋肉痛などの「急性のトラブル」に向いています。
 
 
温湿布
 
 洗面器に熱湯を入れ、精油を1、2滴落とし、
 短冊状にしたタオルを精油をすくうように浸して絞り、
 冷えやコリを感じる部分に当てます。
 タオルが冷めるまで使えますが、低温火傷に注意が必要です。
 タオルを絞る時にも火傷に注意しましょう。
 
 
 
冷湿布
 
  冷たい水(10~15℃)に精油を1、2滴落とし、
 精油をすくうようにタオルを浸して強めに絞り、
 熱を持っている部分に当てます。
 
 
【温・冷湿布の注意点】
  • 精油の種類によっては、肌に刺激を与えるものがあります。
  • 長時間の使用に注意。
  • 肌に当てる時、熱過ぎたり、冷た過ぎたりしないか注意しましょう。
  • 湿布を当てる箇所や時間を調整しましょう。
  • 精油の色がタオルに付着する場合があるので注意しましょう。
 
【アロマクラフトを作る前に必ず読んで下さい】
  • 手作り化粧品は、自己責任で作成・使用して下さい。
  • 手作り化粧品の販売・贈与は薬事法に違反します。
  • 塗った後ヒリヒリしたり、不快感を感じたら、
    すぐに洗い流して下さい。
 

linderabella.hatenablog.jp