からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

9月「菊湯」

お風呂

f:id:linderabella:20200721143510j:plain

f:id:linderabella:20200722105000j:plain

 
重陽節句」は
「菊の節句」、あるいは「栗の節句」、「お九日」(くんち)という
呼び名もある9月9日の節句です。
 
「キク」は解熱、鎮痛、抗菌などの働きがあるとされ、
「延命長寿」の花として、平安時代の宮中ではこの日に菊酒を飲んだり、
キクのエキスを染み込ませた綿で女官が身体を撫でたといった記録が残っています。
また当時の農村などでは、この日に栗ご飯を食べる習慣がありました。
菊湯に用いるのは、野生で多く見られる「リュウノウギク」という種類です。
 


【山野草】リュウノウギク

 
 
「菊湯」を作る
 1.秋に花が咲いている時に、地上部を茎ごと刈り取り、陰干しをして、
   細かく刻みます。またはその都度葉をつみ取り、生のまま使います。
 2.2掴みほど(30g)を布袋に入れます。
 3.上から熱湯をかけて15~20分ほど蒸らし、汁ごと風呂に入れ、
   よくかき混ぜます。
   または少し多めの量を布袋に入れ、水から沸かす方法もあります。
   生のままの香りを楽しんでみましょう。
 

食用菊 もってのほか干し菊(ほし菊)【東北 山形県産 乾物】【RCP】
 
  • お肌の弱い方は肌荒れを起こす可能性がありますので、ご注意下さい。
  • 万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談下さい。
 
 
<関連>
f:id:linderabella:20201029124125j:plain
日本の薬草
f:id:linderabella:20200625101914j:plain
茶外茶