からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーブを購入する際に気を付けること

ハーブ

f:id:linderabella:20201119144541j:plain

f:id:linderabella:20200717155633p:plain

 

ハーブには非常に多くの種類があり、
中には使用方法を誤ると大きなトラブルを引き起こすものもあります。
また、購入したものを洗わずに使用するので、衛生面での注意も必要です。
購入時に消費者が確認できることは限られていますが、
安全性をチェックする目を持つことは大切です。
 

1.食品を選ぶ

食品に分類されているものを選びます。
 雑貨として扱われているものは、安全性の確認ができないので避けましょう。
 
 

2.学名を確認し、色と香りをチェック

名前が似ているのに、全く違う種類の植物だったということもあります。
間違って購入しないためにも、必要なハーブの学名を確認しておきます。
できれば、色と香りを実際にチェックして購入したほうがよいでしょう。
 
 

3.信頼できる店で少量ずつ買う

一度にまとめて購入せずに、短期間で使い切れる量をこまめに買うことも大切です。
何より、信頼できる店で購入することはいうまでもありません。
 
 
以上は、ドライのハーブ・スパイスを買う際の注意点です。
フレッシュなハーブ・スパイスを購入する際は、次の点に気をつけましょう。
 
 

4.新鮮なものを選ぶ

新鮮で、葉の色が濃く瑞々しいものを選び、
色が薄かったり虫食いがあったり萎れたりしているものは避けて下さい。
自分で育てたものを使う際は、出来るだけ若い葉や花を収穫します。
 
 

5.使う分だけにする

フレッシュなハーブ・スパイスは痛みやすいため使う分だけ購入しましょう。
自分で育てたものも同様に使う分量だけ摘むようにします。